ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

456@UVER垢 さんのマイページ | noote [ノート]

456@UVER垢さんのプロフィール

456@UVER垢456@UVER垢さんのランク エージェント

  • 曲情報:31 件
  • 知らなかった:16 件
  • TOTAL RESPECT:1631 ポイント
  • アーティストフォロー:0
  • ユーザーフォロー:2 人
  • フォロワー:0 人

MUSIC POST楽曲情報の投稿

一億分の一の小説 - UVERworld

過去曲アリーナ-ツアーで1度だけ演奏された。

2016年06月19日 02:18
ライブ
一億分の一の小説 - UVERworld

ファンからもらった小説の一番最後に物語が付け加えられていたことから作られた曲。

2016年06月19日 02:18
エピソード
earthy world - UVERworld

タイトルの意味は「泥臭い世界」

2016年06月19日 02:15
タイトル
優しさの雫 - UVERworld

アルバム収録の際、サックスの録音があったが、「まだ、メジャーレベルじゃない」と言われ、プロの方を呼ばれ取り直しがあった。
しかし、後から音源を聞いたら誠果の演奏で、「下手でもやっぱりお前のサックスがいいねん」とTAKUYAが言った。そんなエピソードがある曲。
そんな誠果は今でも一番「優しさの雫」が好き。

2016年06月19日 02:13
エピソード
優しさの雫 - UVERworld

インディーズ時代からある曲で、リハ中に誠果がフリーで吹いていたフレーズをTAKUYAが「それいいじゃん。曲にしよう」ってことから生まれた曲。」

2016年06月19日 01:53
エピソード
GOLD - UVERworld

この曲のPV撮影に予算がかかりすぎたため、当初作成予定だったworld LOST world、心とココロのPV撮影は行われなかった。

2016年06月19日 01:46
MV
誰が言った - UVERworld

誰が言ったとIMPACTは同じ日にPV撮影がされた

2016年06月19日 01:44
MV
energy - UVERworld

ここ最近ではフルで歌わなくなった

2016年06月19日 01:43
ライブ

UNKNOW POST知らなかったを押した投稿

一億分の一の小説 - UVERworld

過去曲アリーナ-ツアーで1度だけ演奏された。

2016年06月19日 02:18
ライブ
一億分の一の小説 - UVERworld

ファンからもらった小説の一番最後に物語が付け加えられていたことから作られた曲。

2016年06月19日 02:18
エピソード
優しさの雫 - UVERworld

アルバム収録の際、サックスの録音があったが、「まだ、メジャーレベルじゃない」と言われ、プロの方を呼ばれ取り直しがあった。
しかし、後から音源を聞いたら誠果の演奏で、「下手でもやっぱりお前のサックスがいいねん」とTAKUYAが言った。そんなエピソードがある曲。
そんな誠果は今でも一番「優しさの雫」が好き。

2016年06月19日 02:13
エピソード
GOLD - UVERworld

「灰皿を叩く音」や「肘掛けを叩く音」なども使用されている

2016年06月15日 23:18
演奏
GOLD - UVERworld

TAKUYA∞はこの曲の方向性を「攻撃」「おしゃれ」「新世界」「破壊」と語っている

2016年06月15日 23:18
意味
GOLD - UVERworld

1年ほど前まではライブの定番中の定番であったが、ここ最近は演奏する回数が激減している曲である。

2016年06月15日 23:47
ライブ
7th Trigger - UVERworld

ジャケットやアーティスト写真は、2月に千葉県の幕張にて撮影された。ヘリポートでの撮影が行われたのだが、これはTAKUYA∞のアイデアをもとにしていて、「崖っぷち」を表現しているとの事。これは、周りからUVERworldが安定の時期に入ったのではないかと言われていることに対し、まだまだ崖っぷちでやっているつもりで、「外いていいシングルは一枚も出せない」という意思表明でもある。

2016年06月15日 23:45
CD情報
いつか必ず死ぬことを忘れるな - UVERworld

歌詞の中に出てくる「9番目の雲」は英語にすると「nine cloud」
天国に一番近い雲という意味があるそうです。
昔TAKUYA∞がバイトしてたバーの名前がnine cloudだったそうで、そこのオーナーさんに名前の由来をそうやって教えて貰ったそうです。

2016年06月15日 23:35
歌詞