ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

Nobody's Home - ONE OK ROCK の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

Nobody's HomeONE OK ROCK

POSTNobody's Homeへの投稿

ライブタグ別投稿

2010年武道館ライブ、最後の最後は「お父さん、お母さん、生んでくれてありがとう! 俺は今ここに立ってるよ」と両親への最大の感謝を込めて“Nobody's Home”で締めくくった。

2016年02月28日 10:43
ライブ

横浜アリーナライブのときにTakaが一瞬歌っていなかったのは特定の人に向けた曲が、あの瞬間にみんなの歌になったと感じたから。
涙を流し、最後にファンに向けて『お前ら愛してるぞ!』というTaka自身の本音が出ていた。

2016年04月25日 22:23
ライブ

この曲はTakaの両親がいたLiveでは「心から愛してるよありがとう」と歌っていたけどファンだけのLiveでは「お前ら愛してるぞ!」とわけています

2016年04月29日 23:22
ライブ

初の武道館ワンマンライブの大ラスで歌った曲で、武道館には母の森昌子さん、そして父の森進一さんも駆けつけたのだとか。

2016年04月30日 21:00
ライブ

親が来ているライブでは歌詞通り ''心から愛してるよありがとう'' と歌い、来てないライブではファンに向けてメッセージを言う。

2016年05月12日 22:07
ライブ

横浜アリーナでのライブでこの曲を演奏した際にTakaが途中で歌うのを止めて目頭を抑えたシーンについて本人は「歌詞が飛んだ」と語っている。

2016年08月20日 18:30
ライブ

エピソードタグ別投稿

実話を元にした曲で、この曲はTakaが両親への感謝の気持ちを込めて書いた曲です。

2016年02月01日 15:44
エピソード

両親との不仲が噂されていたこともあったけど、父親の森進一が肺ガンにかかった時、当時26歳のTakaは病室で医師に「父さんを助けてくれ」って頼んだといエピソードがあります。

2016年02月01日 15:50
エピソード

Takaが両親にむけてつくった歌で
2010年のライブでは父親の森進一さんが見に来ていて泣いていたよ。

2016年03月07日 15:58
エピソード

意味タグ別投稿

Takaのことを知れば知るほど、感極まっている理由もわかるようになってくる。親が大御所である中でジャニーズ(NEWS)に参加して脱退したり、バンドをはじめたりしてきたのは相当な苦労だったし、両親の離婚も大きな困難だったが、Takaは両親にあらためて感謝していることを綴った歌。

2016年02月28日 13:23
意味

Takaは高校生の時に家出をし、そのまま独り立ちしていたらしいのでひとり暮らしの時期が長い。
Nobody’s home yeahというのは、
家に帰ってきた時に誰もいない寂しさを表しているらしい。

2016年04月26日 19:23
意味

歌詞タグ別投稿

歌詞には、自分を悔いること、これからの決意、そして「心から愛しているよ」という感謝が書かれているよ。

2016年02月01日 15:17
歌詞

父親が有名であるためそれをいつか必ず越えて見せたいという気持ちが入っている歌になっています

2016年09月17日 08:47
歌詞

CD情報タグ別投稿

この曲はアルバム「Nicheシンドローム」に収録されている。

2016年08月20日 18:34
CD情報

豆知識タグ別投稿

この曲のタイトルの意味は「誰も家にいない」だそうです。

2016年09月18日 19:12
豆知識

解釈タグ別投稿

歌詞に「いつか必ず、越えて必ず」という所は何を越えるのかといったら
きっと父親で、父親より活躍する存在になるためにtakaは、目標を高く置いていると考えられます!

2016年04月28日 13:16
解釈

YouTubeYouTube関連動画