ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

知らない - 星野源 の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

知らない星野源

LYRIC知らないの歌詞

灯り消えて気づく光
ただ夜の中に
君が消えて見えるものも
まだあるんだな

想いはずっと残ること
知っている 二度と逢えなくても

終わり その先に
長く長くつづく 知らない景色
さよならはまだ言わないで
物語つづく 絶望をつれて

寂しいのは生きていても
ああ 死んでいても
同じことさその手貸して
まだ歩けるか

海からそっと朝焼ける
今日がくる 涙焦がすように

終わり その先に
遠く遠く延びる しぶとい景色
さよならはまだ言わないで
温もりが消えるその時まで

なにも聞きとれない 君に僕は
どんなことが歌えるだろう
意味を越えて

止まる 胸の音に
高く高く響く 思い出がある
さよならもまだ言えないで
闇の中歩く 君がくれた

終わり その先に
長く長くつづく 知らない景色
さよならはまだ言わないで
物語つづく 絶望のそばで
温もりが消えるその時まで

POST知らないへの投稿

エピソードタグ別投稿

この曲について星野は「プライベートでショックな出来事があって、それに反応するように作らされた曲」と話していました

2016年07月11日 15:09
エピソード

冬の朝が曲のイメージだそうです

2016年07月11日 15:09
エピソード

「夜中で、空はまだ暗いんだけど、地平線の向こうから朝日が昇りつつある」
「何もない状況でも、どうしようもなく希望が持ち上がってくる」
というようなイメージで曲を作っていったそうです

2016年07月11日 15:15
エピソード

 仮タイトルは「馬」だったそうです
特に意味はないそうです

2016年07月11日 15:15
エピソード

この曲のサウンドについて
「曲ができたときに思い描いた景色は、朝焼けで太陽がガーって昇ってくるイメージだったんですよね。そこに希望があったんです。どうしようもない生命力というか。どんなことになっても太陽は昇って、それに照らされる自分がいる。その絶望も希望も照らす太陽の威力を、歌で出したいというのがあって。だから地味なアレンジにはしたくなかったんです。」
とインタビューで言ってました

2016年07月11日 15:19
エピソード

全部出来上がってからつけたタイトル。他にいいものがなくて、ありふれたものばかり思いついた中で、いいなと思えたのが「知らない」だけだったらしい。

2016年09月16日 05:35
エピソード

「この曲は病気で倒れる前と、後で印象が変わった」と話しておられました。

2016年09月18日 16:48
エピソード

「ある二人に送った曲、ただ、自分にも歌っているような感覚になった。この曲はなにかを諦めざるを得なかった人、休まざるを得なかった人に送ります。」と話していました。

2016年09月18日 16:55
エピソード

「何もない状況でも、どうしようもなく希望が持ち上がってくる」イメージ。
そして燃え上がる朝日、朝焼けのイメージを曲にした。

2016年10月01日 14:48
エピソード

MVタグ別投稿

ミュージックビデオのイメージとして星野源は

「僕はただ普通に、マイペースに生活してるんだけど、そこに映像で不穏なものが入り込む。それが幽霊にも見えるし、過去の記憶にも見えるし、でも基本的になんだかわからない。で、それがその人が家を出て外に出て行くときに、一瞬そこと繋がる何かが見えるという。一見、普通に生活しているように見える人が何か色々背負ってるような想像ができるような映像にしたい。」

と話していました

2016年07月11日 15:12
MV

mvについて星野源は
「何これ?」みたいな、「ん?」みたいな感じをみんなに思ってもらいたかったっていうか。いっぱい想像してもらいたいですね。
とコメントしてました

2016年07月11日 15:13
MV

歌詞タグ別投稿

歌詞はかなり悩み抜いたようで、曲が出来てから2ヶ月かかってようやく歌詞が出来上がったそうです

2016年07月11日 15:14
歌詞

意味タグ別投稿

「知らない」は先が見えなくて止まってたり、「自分は終わった」って思ってる人に対して、その苦しさを承知した上で「まだ先はあるんですよ」っていう曲だそうです。

2016年10月16日 09:38
意味

タイトルタグ別投稿

仮タイトルは「馬」だった。

2016年10月01日 15:00
タイトル

YouTubeYouTube関連動画