ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

オトノハ - UVERworld の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

オトノハUVERworld

LYRICオトノハの歌詞

夢が叶ったようにみえる僕たちも
君と同じ うまくいかないことのほうが多いんだ
戦うことに疲れて 自分に負けて泣く夜もあるし
答えを探して生きている 君と同じなんだ

だから
負けそうなときは 僕らの歌を思い出してみて
泣きそうな夜には 笑いあえたこと思い出して
独りの夜は 僕らが出会えたこと思い出して
明日はきっと何かが変わる

愛するものを無くすと 気づいてたとしても
ここに立つことを 僕は望んだだろう
100万人への歌も 自己満足だけの歌もいいけど
それより今は君へ届く歌を歌おう

だから
負けそうなときは 僕らの歌を思い出してみて
泣きそうな夜には 笑い合えたこと思い出して
独りの夜は 僕らが出会えたこと思い出して
明日はきっと何かが変わる

僕を愛してくれたことを いつまでも忘れはしないよ
つまづいたとき 支えてくれたことも忘れはしないよ
ただの偶然の出会いと言われても それを運命と呼びたいんだ
明日もずっと歌うから

色あせぬ願いを届けと歌うけど
それを聞いて自分を変えるのは君なんだ

自分を変えるのは君だから

明日はきっと変わるから

POSTオトノハへの投稿

意味タグ別投稿

ファン以外にもスタッフの人たちにも
向けられている曲だ。

2016年06月17日 17:27
意味

自分自身のことを歌っている歌

2016年06月17日 18:04
意味

ライブタグ別投稿

ライブでのMCで話してきた内容が歌詞に入っており、ライブに来られなかったファンにもMCで話したことを伝えたいと思い、作曲した曲。ファンの他にも、自分達の世話をしてくれるスタッフにも向けられた曲でもある。

2016年06月18日 23:55
ライブ

演奏タグ別投稿

TAKUYA∞が初めてギター演奏
した曲である。

2016年06月17日 17:26
演奏

YouTubeYouTube関連動画