ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

Pacific - Suchmos の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

PacificSuchmos

POSTPacificへの投稿

歌詞タグ別投稿

cityなんかよりtownだろ
という歌詞がありますが、これはシティポップという言葉をあまり好きじゃないボーカルのYONCEの意思が表れていると感じます。

実際にインタビュー等でも、シティーポップから脱却したいというようなことを言っています。

2016年09月24日 19:16
歌詞

「SNSよりもbeachで愛の言霊を囁いて」という歌詞の愛の言霊というのは彼らが生まれ育った茅ヶ崎出身のバンドであるサザンオールスターズの曲名です。

2016年09月24日 19:19
歌詞

歌詞の<i-pan dread(茅ヶ崎在住のレゲエシンガー)みたいに street rastaでいたいんだ>という部分についてYONCEは
「最近取材とかでよく渋谷に行くようになってすげえ思うんですけど、向こうって絶対に時間が速く流れているんですよ。そこで暮らしていたらその分速く歳とっちゃうって確信してる。だから、俺はなんとしてでも終電では帰ってくるようにしてるんです(笑)。単純に俺の肌には合わないなと思うし、自分が志向してる音楽は、都会にいたらできないなってなんとなく思ってます。」
と語っている

2016年09月25日 15:16
歌詞

歌詞についてYONCEは
「今は金も名声もないし、そんな余裕ない状態で「みんな仲よくしようぜ」とかは歌えないですよね。そういうのは成功した金持ちが書くものだと思う。マイケル・ジャクソンが“We Are The World”を書いて、あれがいい曲として響くのは、彼自身が成功したからだと思うんですよ。僕らは嘘をつきたくないんで、余裕のない生活をしてる鬱憤とか不満を歌詞にしてますね。」
と語っている

2016年09月25日 15:17
歌詞