ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

カルマ - BUMP OF CHICKEN の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

カルマBUMP OF CHICKEN

LYRICカルマの歌詞

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけてもうひとつ落っこちた
ひとつ分の陽だまりに ひとつだけ残ってる

心臓が始まった時 嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 守り続けてる

汚さずに保ってきた手でも 汚れて見えた
記憶を疑う前に 記憶に疑われてる

必ず僕らは出会うだろう 同じ鼓動の音を目印にして
ここに居るよ いつだって呼んでるから
くたびれた理由が 重なって揺れる時
生まれた意味を知る

存在が続く限り 仕方無いから場所を取る
ひとつ分の陽だまりに ふたつはちょっと入れない

ガラス玉ひとつ 落とされた 落ちた時 何か弾き出した
奪い取った場所で 光を浴びた

数えた足跡など 気付けば数字でしか無い
知らなきゃいけない事は どうやら1と0の間

初めて僕らは出会うだろう 同じ悲鳴の旗を目印にして
忘れないで いつだって呼んでるから
重ねた理由を二人で埋める時
約束が交わされる

鏡なんだ 僕ら互いに
それぞれのカルマを 映す為の
汚れた手と手で 触り合って
形が解る

ここに居るよ 確かに触れるよ
一人分の陽だまりに 僕らは居る

忘れないで いつだって呼んでるから 同じガラス玉の内側の方から
そうさ 必ず僕らは出会うだろう 沈めた理由に十字架を建てる時
約束は果たされる
僕らはひとつになる

POSTカルマへの投稿

エピソードタグ別投稿

もともとカルマをテーマに曲を書きたいと思っていた藤くんがゲームの話をきっかけに書いた曲。

2016年05月07日 18:58
エピソード

曲の原案が1週間もしないうちにできて、ゲーム制作側に聞いたら、「これしかない」というようにすぐ決まって、メンバー4人で喜んだらしいです!
なので「テイルズオブジアビス」というゲームをしてみないことには歌詞の意味はわからない」と言っている人も多いですが、もともと藤くんがこのゲームのために曲を書くことになってから渡された台本は「B5の紙2、3枚」であり、藤くん自身もゲームのストーリーが「よくわからない」まま書かれた曲です。

2016年05月07日 18:59
エピソード

ナムコから『テイルズ オブ ジ アビス』テーマソングの話をもらい、まだ出来ていないゲームのあらすじ書きを読んだり、スタッフえお何度も話し合って意志の疎通を図り、制作が進められた。

2016年09月26日 21:53
エピソード

“カルマ”というものは、タイアップをもらう以前から藤原自身書きたかったテーマだったという。

2016年09月26日 21:54
エピソード

カルマをテーマにすると歌詞が難解なものになってしまうんじゃないか、と藤原は考えていたが、ゲームの大まかなあらすじを読ませてもらった時に“これならできるぞ”と思ったという。ある意味、難解なまま歌詞を書いても、それをゲームが紐解いてくれればいいと思えたという。

2016年09月26日 21:56
エピソード

豆知識タグ別投稿

※この投稿はカルマとは関係ありません
BUMP OF CHICKENのマスコットキャラであるニコルという猫のキャラクターは元々は藤原が幼かったころお母さんが褒めてくれる際に書いてくれた猫がモデルである。

2016年05月07日 19:45
豆知識

11/23に一度リリースした「supernova/カルマ」を、収録曲順とジャケットを変更し、12/24に新たに「カルマ/supernova」でリリースしています。なお、「カルマ/supernova」のほうは3ヶ月限定リリース。

2016年09月26日 10:28
豆知識

タイアップタグ別投稿

この曲は「テイルズオブジアビス」というゲームの主題歌です。

2016年05月07日 18:57
タイアップ

ゲーム制作側の人たちとバンプが確認したのは、「単なるタイアップ」がやりたいのか、それとも「僕らの音楽を聴いたうえで、一緒にものを作りたいのか」だけで、それが前者ならバンプは受け入れていなかったらしいです。

2016年05月07日 18:57
タイアップ

意味タグ別投稿

“カルマ=業”というタイトルもアニメ版と重なっていて、ゲームスタッフと綿密に相談された、非常に世界観がマッチした内容に仕上がっています。

2016年10月31日 20:57
意味

演奏タグ別投稿

升さん「昔も速い8ビートの曲をやっているんですけど、当時と同じような解釈ではやっていないんですよ。それで「カルマ」ならではと言うと、俺の場合は全編に渡る8ビートと、瞬間的に繰り出される16分の妙ですね。ギターとかではけっこう出てくるけど、ドラムではそういう16分はほとんど出てこないので、いかに8分で表現するかっていうのと、それがどこで出てくるかっていう。個人的なテーマはそこでしたね。音に出さない音と、それが一瞬出てきてしまう時のポイントというところで。 」(http://www.barks.jp/news/?id=1000014725&page=2 より引用)

2016年05月07日 19:00
演奏

YouTubeYouTube関連動画