ー 「どんな曲?」がすぐわかる! 歌詞・意味が集まるNo.1楽曲情報サイトnoote[ノート] ー

sailing day - BUMP OF CHICKEN の 歌詞・意味 | noote [ノート]

"

sailing dayBUMP OF CHICKEN

LYRICsailing dayの歌詞

目を閉じたその中に 見えた
微かな眩しさを
掴み取ろうとした 愚かなドリーマー

伸ばした手は 閉じた目に
写らなくて 途方に暮れる
射程距離から 随分遠く 滲む

どうにかまだ 僕は僕を 辞めないで 生きている
たった一度 笑えるなら 何度でも 泣いたっていいや

精一杯 運命に抵抗
正解・不正解の判断 自分だけに許された権利

sailing day 舵を取れ
夜明けを待たないで 帆を張った 愚かなドリーマー

数えたら キリが無い程の 危険や不安でさえも
愛して迎え撃った 呆れたビリーヴァー

目を開いたその先に 見える
確かな眩しさが
空になったハートに 理由を注ぐ

そうしてまた 僕は僕の 背中を押していく
たった一つ 掴む為に 幾つでも 失うんだ

精一杯 存在の証明
過ちも 間違いも 自分だけに価値のある財宝

sailing day 舵を取れ
哀しみも 絶望も 拾っていく 呆れたビリーヴァー

誰もが皆 それぞれの船を出す
それぞれの見た 眩しさが 灯台なんだ

そうだよ まだ 僕は僕の 魂を持ってる
たった一秒 生きる為に
いつだって 命懸け 当たり前だ

精一杯 存在の証明
敗北も 後悔も 自分だけに意味のある財宝

sailing day 舵を取れ
冒険の日々全て 拾っていく 呆れたビリーヴァー

精一杯 運命に抵抗
決して消えはしない 僕だけを照らし出す灯台

sailing day 舵を取れ
嵐の中 嬉しそうに 帆を張った 愚かなドリーマー

誰もがビリーヴァー

永遠のドリーマー

POSTsailing dayへの投稿

タイアップタグ別投稿

映画“ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険”の主題歌に起用された
また、PVにはONE PIECEの主人公“ルフィ”の格好をしたエキストラが何10人と現れる

2016年05月07日 18:44
タイアップ

アニメ、ワンピースの映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌でした。

2016年05月07日 19:00
タイアップ

この曲はワンピースの映画の主題歌で、メンバーはワンピースが好きらしいです。

2016年05月25日 16:08
タイアップ

東映配給映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』主題歌になっている。

2016年09月29日 22:07
タイアップ

CD情報タグ別投稿

「ロストマン/sailing day」は、BUMP OF CHICKENの通算6枚目のシングル。2003年3月12日にトイズファクトリーから発売された。BUMP OF CHICKEN初の両A面シングルで、後に曲順を入れ替えた『ONE PIECE』仕様のシングルも3ヶ月限定生産で販売された。

2016年09月08日 18:09
CD情報

期間限定でワンピース仕様のジャケット盤CDも発売されましたが、期間限定なのでもし中古店で見つけたらレアです。

2016年10月31日 20:54
CD情報

豆知識タグ別投稿

実はロストマンとリンクした曲であると言われています。PVにルフィが出てきますが、実はロストマンのPVにも最後の方にさりげなくルフィが出てきます。

2016年05月07日 19:02
豆知識

ジャケット写真の場所は中目黒駅で、真冬の深夜から早朝にかけて撮影されたそうです。(wikipediaより)

2016年05月07日 19:03
豆知識

MVタグ別投稿

東映配給映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』主題歌。
PVには『ONE PIECE』の主人公のモンキー・D・ルフィの姿の人が登場している。

2016年09月08日 18:09
MV

MVでは演奏し続けるメンバーを色々なキャラクターが通り過ぎる演出があり、その中には『ONE PIECE』の主人公のモンキー・D・ルフィの姿の人が登場している。

2016年09月29日 22:09
MV

解釈タグ別投稿

この曲は「ロストマン」とともにシングルに収録されており、歌詞中の主人公は同一人物なのではないかと言われています。どちらのストーリーが先なのかには議論がありますが、私はロストマンでの苦悩を経て、sailing dayでのがむしゃらに闘う男になったのではないかと思います。
・ロストマン
旅に出た当初の夢を失いかけ、夢に対しての「迷子」になるもそれを「気付かないふり」をするような淀んだ気持ちになってしまった主人公。しかし思い立ち、夢を失ってから「止まったまま」の時間をもう一度進めようと足を「踏み出す」ところまでのお話。
・sailing day
旅に出た当初は「愚かなドリーマー」だった。しかし現実では「途方にくれ」、夢までの「射程距離から随分遠く」なって夢そのものが「滲む」。ここまではロストマンでの「迷子」の部分でしょうか。その後の歌詞では、足を「踏み出」した後の夢を見続け信じ続ける主人公の姿を描いています。「過ちも間違い」も「哀しみも後悔」もポジティブに受け入れ、夢を失わずに旅を続けられるように成長した姿です。「永遠のドリーマー」という最後の詞は、もう「迷子」にはならない、という気持ちの表れかもしれません。

ロストマンのPVの最後にルフィがちらっと出てきますが、ロストマン、sailing dayのPVにおけるルフィとはまさに夢を見続け信じ続ける強い気持ちそのものかなと思います。だからsailing dayでは沢山、勢いよく出てくるのかな、と。

※上記のことはあくまで私の解釈です。

2016年06月10日 11:55
解釈

タイトルタグ別投稿

Sailing Dayは、「船出の日」という意味です。

2016年05月07日 19:01
タイトル

歌詞タグ別投稿

同じシングルCDに収録されたことからロストマンと比較されがちですが、グングニルにも「帆を張った」「嵐の中」など、海での冒険を連想させる歌詞が盛り込まれています。

2016年09月17日 23:54
歌詞

関係者タグ別投稿

シングル「ロストマン/sailing day」に収録されている“ロストマン”
Mr.Childrenの桜井和寿は2000年代で最も印象に残った曲としてこの曲を挙げている

2016年05月07日 19:47
関係者

エピソードタグ別投稿

MVでは疾走感を演出するためか、ルフィと同じ格好をしている人以外にも、警察に追いかけられる強盗や女子高校生などがメンバーの間を走り抜けるという演出が行われています。また、安全のためか途中でヘルメットを装着するシーンもありますが、ラスサビからアウトロにかけては強風や大量のゴミなどが飛び交う中で撮影を続けています。

2016年09月17日 23:55
エピソード

YouTubeYouTube関連動画